about

20歳の時 首の骨を折り四肢麻痺になった伊藤進が
十年間の闇を乗り越え、生きる意味を見出した『書』。
以来52歳で生涯を閉じるまでに
書き綴った天からのメッセージや作品たち。